せどりで考えるべきあれこれ

せどりを行うためにどんなことをまずは用意しないといけないのか、といえばまずは資金でしょう。これはいくらあればよい、ということが明確なわけではありませんから、注意しておきましょう。
いざとなればクレジットカードでの支払いで後払いにして転売を早めに行うことによってその支払いを行うということもできたりますがかなり自転車操業になってしまうのでそれは避けた方が良いでしょう。
あくまで仕入れは現金で、少なくともクレジットカードなどを利用するのであれば一括払いで既に現金が手元にあるがクレジットカードを使うというような形にしたほうが無難です。基本的なことになりますが仕入れをするという段階で今ではもしかしたら売れるかもしれないということで仕入れるというのはほとんどないです。
ほぼ間違いなく転売できる、という確信があってこそ、せどりというのは仕入れをするべきです。
いくらかレアリティが高いようなものということに関してはすぐに売らないというようなこともあったりしますが基本的には仕入れた金額をすぐに増やすと言うためにも転売を早めに行うということにした方が良いでしょう。
せどりを行う時には基本的に考えることとしてこの商品を仕入れてどのくらいで転売することができるのかという部分があるわけですが、それ以上にどのくらいの早さで捌くことができるのかというようなことも重要です。つまりは、在庫化させない、 ということです。これが本当に重要なことになります。
最近のせどりとしては仕入れる方法として実店舗ではなくネットショップなどを活用するという人も増えています。それはよいことではありますが、半額とか7割引といったような特別な日に購入するというのであればどんどん仕入れたいということもあるでしょうが、仕入れは慎重にするようにしましょう。割引率から見て仕入れをするのではなく、今現在のネットの相場、そして売れ具合などから確認するようにしましょう。
そうすることによって、少なくとも在庫が増えるということだけは避けることができるようになります。これがせどりにおいて失敗しないコツになるわけです。
確かに例えば5万円のものが5千円で購入しできるほどに割引されていたら魅力的に見えるかもしれませんが、それでも転売できないのであれば仕入れる意味はないわけです。
ですから、せどりの大原則として覚えておくことはキチンと捌ける商品を選ぶ、ということです。

SNSでもご購読できます。